イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】民有護岸の耐震性確保 点検頻度2年に1度
2018/02/ 7
引用:建通新聞社

 国土交通省は、耐震性の確保を目的に港湾施設のうち民有護岸の定期点検・診断を2年に1度行うことを義務付ける。港湾施設には、最低でも5年に1度の点検・診断が求められているが、災害時に物資輸送の役割を担う「緊急確保航路」に接続する港湾では、民有護岸の点検・診断の頻度を2年に1度に厳格化する。関連する告示を4月1日に施行する。
 港湾施設のうち、・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン