イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】定期講習の未受講 段階的に処分
2017/04/18
引用:建通新聞社

 国土交通省は、建築士法に基づく1級建築士の懲戒処分基準を改正する。定期講習の受講義務違反に対し、まず「文書注意(行政指導)」を行って受講を促した上で、それでも受講しない違反者に「戒告」「業務停止」へと段階的に対応を強化する形に規定を見直す。7月の施行を予定している。
 構造計算書偽装事件を受け、2008年から建築士には3年に一度の定期講習の受講が義務付けられた。建築士法では、講習を受講しない建築士を戒告、戒告後も長期間受講しない建築士を業務停止2カ月とする処分基準も設けている。
 国交省は、この基準を見直し、定期講習を受講しない・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン