イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】適正工期の設定 受発注者に責務規定
2017/04/19
引用:建通新聞社

 国土交通省が検討している建設業法改正の骨格が見えてきた。建設業にも罰則付きの時間外労働規制が適用されることを見据え、適正な工期設定を受発注者の責務と位置付け、不当に短い工期を設定した注文者(発注者、元請け、上位下請け)に是正を勧告できるようにする。消費者保護の視点で、個人発注者に特化した情報提供・契約事項の説明などの規定も設ける。国交省は、直ちに対応すべき事項と中長期的に対応すべき事項を整理し、法改正を段階的に進める考えを示している。
 4月18日に開かれた建設産業政策会議の法制度・許可ワーキンググループに、法改正に向けた「検討の基本的な視点」として報告し、出席した委員から大筋で了承を得た。次回の会合でWGとしての提言をまとめ、政策会議に報告する。
 政府が推進する働き方改革で、建設業に時間外労働の罰則付き上限規制が適用されることを踏まえ、建設業法に・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン