イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】日建連会員の15年度の生産性 前年度と比べ8・5%向上
2017/04/21
引用:建通新聞社

 日本建設業連合会(日建連、中村満義会長)は、生産性向上推進に関する2016年度のフォローアップ報告書をまとめた。会員企業の生産性は15年度、前年度と比べ8・5%(土木8・9%、建築8・5%)上昇し、08年9月のリーマンショック以前の水準まで回復した。経営上の重要課題として生産性向上に取り組んでいる会員企業は16年度、前年度の51・9%から69・4%に増えた。
 日建連は16年4月、「生産性向上推進要綱」を策定、業界と企業が一体となった生産性向上に取り組んでいる。今回、16年度の進捗をフォローアップとしてまとめた。
 生産性は、人工(人日)当たりの完成工事高を指標に、15年度までの推移を比較した。有効回答数は73社。15年度は平均9万2139円(土木9万3278円、建築9万0874円)だった。
 16年度の会員企業の取れ組みについては・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン