イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】新たな道路政策で建議 基幹路線に重点投資
2017/05/18
引用:建通新聞社

 国土交通省は、新たな道路政策の方向性を示す社会資本整備審議会道路分科会の建議骨子案をまとめた。骨子案では、道路メンテナンスをセカンドステージ≠ノ移行させるため、点検データを生かした計画的な維持管理を実施するとともに、道路管理者が適正な予算を確保する方策を検討するよう提言。災害発生時の人の流れや平常時の物流を担う基幹ネットワークを指定し、重点投資により機能強化する方向性も示した。
 建議骨子案は、5月16日に開いた道路分科会基本政策部会に示したもの。基本政策部会では、2015年12月から新たな道路政策を審議しており、6月中に建議をまとめる見通し。
 骨子案では、道路管理者に橋梁・トンネルの定期点検が義務付けられて3年弱がたつなど、メンテナンスサイクルが構築される一方、加速度的に増加する老朽化インフラに・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン