イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】石綿対策、小規模民間建築物2・3〜3万棟が必要
2017/05/19
引用:建通新聞社

 アスベスト(石綿)対策が未実施の小規模民間建築物(1000平方b未満)が、国内に約2・3〜3万棟存在している―。国土交通省は、17日に開いた社会資本整備審議会建築分科会アスベスト対策部会で1989(平成元)年以前に建築された小規模民間建築物130万棟のうち、約4・6〜6・3%に当たる約6・0〜8・2万棟で吹付けアスベストなどが使用されている可能性があり、このうち今後対策が必要な建築物が約2・3〜3・0万棟あるとの推計を示した。部会は「アスベストの使用の有無を確認するスクリーニングを行った上で、建築物石綿含有建材調査者による詳細調査を実施する」スキームなど、早期に民間建築物所有者が適切にアスベストの調査・除去を行えるようにするための仕組みの構築を同省に求めた。さらに建築物所有者・管理者にアスベストリスクを・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン