イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】社会インフラ健康診断書作成 土木学会
2017/08/ 8
引用:建通新聞社

 土木学会(大石久和会長)の「社会インフラ健康診断」特別委員会(委員長、橋本鋼太郎元土木学会会長)は8月7日、▽河川部門(堤防、河川構造物、ダム本体)▽下水道部門(管路)▽道路部門(橋梁、トンネル)―の3部門6施設(構造物)の「社会インフラ健康診断書(試行版)」を公表した。試行版はそれぞれ施設の健康度をA(健全)〜E(危機的)の5段階で評価。施設の維持管理体制の評価についても「改善見込み」「現状維持見込み」「悪化見込み」―の三つのレベルで矢印を使って「見える化」した。その上で、▽維持管理を行う体制と適切な点検・診断・対策の実施▽有効・効率的な維持管理技術の開発▽予算措置―の必要性をあらためて強調。“健康診断”の結果、設計時の想定が低かったために、基本的な体力のない施設が多数存在していることなども指摘し、必要な整備水準を考えた体力チェックと早急な改善を求めた。
 今回の3部門の「インフラ健康診断書(道路部門試行版)」の公表・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン