イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】CIM 検討体制を再構築
2017/08/ 9
引用:建通新聞社

 国土交通省は、4月から直轄事業で本格導入したCIMの検討体制を再構築する。直轄事業におけるCIM活用を2025年に原則化することを目指し、有識者や関係団体でつくる「CIM導入推進委員会」のワーキンググループを再編し、3次元モデル活用の効果を高めたり、受発注者の負担軽減などを議論する。具体的な検討テーマとして▽3次元モデルの標準仕様▽既存構造物の3次元モデル化▽国際標準への対応―などを挙げている。
 8月8日に開いた推進委員会で、こうした方針を確認した。国交省は、今年3月にCIMモデルの作成手順などを定めた「CIM導入ガイドライン案(17年度版)」を策定し、17年度から直轄事業でのCIM活用を本格化した。
 ガイドライン策定を踏まえ、推進委員会の下に▽ガイドライン・要領基準改定▽CIM実施体制検討▽国際標準対応▽現地での検証―の各WGを設け、CIMの普及・拡大について議論する。
 ガイドライン・要領基準改定WGでは、3次元モデルの標準仕様を・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン