イチ押し! 建設ニュース

【建通新聞】専門工事業の評価制度構築に慎重 建専連
2017/06/ 2
引用:建通新聞社

 建設産業専門団体連合会(建専連)が5月31日に開いた第16回通常総会で再選された才賀清二郎会長(日本建設躯体工事業団体連合会会長)、内山聖副会長(全国鉄筋工事業協会会長)の二人と、新しく副会長に選出された長谷川員典全国コンクリート圧送事業団体連合会(全圧連)会長の3人が総会後にそろって会見した。才賀会長は、国土交通省の建設産業政策会議での検討テーマの一つになっている専門工事業者に対する企業評価制度について、「(建設技能労働者が保有する資格や就労履歴(キャリア)、社会保険加入状況などのデータ集積と活用を目的としている)建設キャリアアップシステムが運用されるようになってからでなければ、専門工事業者の評価はできない(するべきでない)」などと述べ、評価制度の構築に慎重な姿勢を示した。
 一方で、国交省が2018年4月からの先行登録、同年10月からのシステムの先行運用を目指している建設キャリアアップシステムについては「建専連としては、システム構築の目的は・・・続きはこちら
無料ユーザー登録
  • 職人さんドットコムオリジナル
  • スグビットボタン